水の硬度とは


水の硬度とは、水1000ml中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を数値化したものです。


簡単に言うと、硬度が高い水ほど、カルシウムとマグネシウムが多いことを示します。


硬度を表す基準値は、日本の総称とWHO世界保健機関の総称で違いがあります。


    日本の総称      WHO


軟水  0~100mg/l未満    0~120mg/l


中硬水  100mg/l~300mg/l


硬水   300mg/l~     120mg/l~


硬度=(カルシウム量mg/l×2.5)+(マグネシウム量mg/l×4)で計算します。


ヨーロッパや北米には硬水が多く存在しますが、日本の水はほとんどが軟水です。これは、日本は国土が狭いので、地層に浸透する時間が短かく、ヨーロッパや北米の大陸では、地層に接する時間が長いことが、硬水と軟水の違いを生み出す要因と考えられています。


味の違いを比較


軟水と硬水でお水の味も違います。比較してみて自分が美味しいと思ったお水を飲んでみましょう。


軟水…まろやかで飲みやすい


硬水…Mgの量が多いほど、苦みなどの独特の風味が増す。


軟水と硬水の効果・用途の違い


軟水と硬水ではその効果、用途が違います。


健康効果の高い水は、ミネラルたっぷりの硬水ですが、どんなにいい硬水でも、飲んではいけない人もいます。


硬水を飲んではいけない人は、腎臓の弱い人です。カルシウムの量の多い水は、腎臓に負担をかける為、腎臓に問題を抱えている方は飲まない方がいいです。


乳児にも硬水は不向きです。とくに、ミルクを硬水でつくってはいけません。ただし、幼児期になったら、子供の様子を見ながら、硬度の低い水から慣らしていきます。下痢をするようでしたら、まだ硬度の高い水は適してないということです。


軟水と硬水の用途の違いを比較してみましたので、用途に合わせて、お水を選んで頂けばと思います。



軟水(0~120mg/l未満)


*就寝前や体調不調の際の水分補給に

*日本食の調理(和風だしは硬水ではでません)

*お茶や紅茶(硬水はタンニンが固まってでません)

*赤ちゃんの粉ミルク


ミネラル含有量が少ない為、体質改善などの効果はさほど期待できない



硬水(0~120mg/l未満)

*体質改善

*健康増進

*Ca、Mgの多いものは脳梗塞、心筋梗塞の予防が期待できる

*コーヒー

*しゃぶしゃぶなど、肉料理


Mgをとり過ぎると下痢などの胃腸障害を起こしやすい。飲みなられていない人は、硬度を徐々に上げていくといいでしょう。


日本の食文化も多様化し、肉食が増えてきました。肉をたくさん食べると、体が酸性化してしまい免疫力が落ちてしまいます。


カルシウムがいっぱい入った硬度の高いアルカリ性のお水を飲んで、体を弱アルカリ性に保つことが大切です。


お水は軟水と硬水を飲み分けましょう


軟水と硬水の特性を知って、お水を飲み分けるのがいいですね。


お肉を食べた時はカルシウムなどミネラルが多い硬水を、夜寝る前は軟水を飲みましょう。


体調が悪い時は、軟水ですね。


その日の自分の体調で、お水の味も変わってきます。


自分が美味しいと思ったお水が、一番その時に合ったお水ということです。


日本のお水は軟水


日本のお水は軟水がほとんどです。


軟水の中でもカルシウム、マグネシウムが多い硬度78mg/Lのお水の紹介です。


血糖値の改善効果が期待できるバナジウムの含有量が国内最高水準です。


カラダこころ水




2種類のお水を楽しめるウォーターサーバーの紹介です

硬度46mg/L 富士山の吉田水」

硬度36mg/L 南阿蘇の水」


プレミアムウォーター