糖尿病の改善に期待。アルカリ性の水とバナジウムウォーター

加齢とともに増えてくる病気に糖尿病があります。現在、日本人の5人に1人が糖尿病もしくはその予備軍と推定されます。


そんな中、糖尿病の改善に効果的ではないかとアルカリ性のバナジウム水が注目されています。


研究により、天然バナジウムに含まれている「五酸化バナジウム」がインスリンのような作用を持っていることがわかっています。


アルカリ性の水は細胞を元気にする


人間の体はpH7.4前後の弱アルカリ性に保たれています。体液や血液などが弱アルカリ性に保たれると、新陳代謝が活発になります。


ところが、加齢とともにこの新陳代謝の力が衰えてきます。古い細胞が集まった場所からは、老化や病気が生じます。加齢とともに病気が増え、老化が進んでいくのは、新陳代謝の力が衰えていることも一因にあります。


人の体は疲労すると酸性化することもわかっています。アルカリ性の水を日常的に飲むことで、新陳代謝を活発にし、酸性化しがちな体内を弱アルカリ性に保つことが大切です。


太っている人は糖尿病になりやすい


糖尿病を発症する原因の1つに肥満があります。肥満は体内の活性酸素量が常に充満している状態なるため、老化のスピードが速いのです。活性酸素は、体のあらゆる細胞を酸化し、傷つけてしまいます。


糖尿病は、インスリンと呼ばれるホルモンの作用不足によって起こる病気です。インスリンには血液中のブドウ糖を細胞内に取り込む働きがあります。インスリンの分泌が低下してしますと、体内の血糖のコントロールができなくなり、糖尿病を発症してしますのです。


この大事なインスリンを分泌しているのが、膵臓にあるβ細胞です。このβ細胞は、活性酸素の影響をとても受けやすい性質をしています。活性酸素を浴びると傷ついてしまうのです。β細胞が障害されれば、インスリンの分泌力は低下し、糖尿病が起こってしまうのです。


糖尿病の発症と悪化を防ぐには、体内の活性酸素量を減らす努力が不可欠です。それにはまず体重を適正値まで落とすことです。


テキサス大学のG.フェルナンデス博士の研究で、アルカリ性の水を日常的に飲んでいると、新陳代謝が促され、健康なβ細胞を取り戻す効果があると発表しています。


バナジウムがインスリンの働きを助ける


バナジウム水は糖尿病の改善に効果が期待できると注目されています。


なぜ、天然水に含まれる「五酸化バナジウム」が、糖尿病の改善に期待されるのでしょうか。


天然水に含まれるバナジウムは、ほとんどが「五酸化バナジウム」の形をしています。


「五酸化バナジウムは、脂肪細胞に血中の糖を導くという、インスリンのような作用をもっているだけでなく、血糖値を上げる原因にもなる遊離脂肪酸の分泌を防ぐ作用を持っている」と愛媛大学部の奥田拓道教授が発表しいます。


肥満の人の血液中には、遊離脂肪酸という資質が放出されています。この遊離脂肪酸には、インスリンの働きを悪くし、細胞に糖が取り込まれるのを邪魔する働きがあります。これによって、血糖値が上がってしまうわけです。


ところが、五酸化バナジウムには、遊離脂肪酸が血液中に放出されるのを防ぐ作用があるとされています。また、インスリンのように、細胞への糖の取り込みを助ける働きがあるとも考えられているのです。



バナジウムの取りすぎによる影響


バナジウムを過剰にとると、慢性気管支炎、神経衰弱、貧血、アレルギーなどの症状があらわれることがあります。


天然水に含まれるバナジウムは少量です。サプリメントなどで過剰摂取した場合は問題がありますが、天然バナジウム水から毎日少量づつ摂取する分には問題ありません。


バナジウムが不足するとどうなる


バナジウムは人の体内に200μgのバナジウムが存在していますが、人での必須性は報告されていません。


ヒヨコやラットでは、発育不足や成長障害が起こることが分かっています。


アルカリ性バナジウム水の飲み方


*糖尿病を改善する効果を期待するバナジウム水の飲み方

アルカリ性の天然バナジウム水をコップ1杯ずつ、1日5杯程度の飲むようにします。


*ダイエット効果を期待したバナジウム水の飲み方

食事前に天然バナジウム水を飲むと効果的です。

ダイエットにはカルシウムが豊富なお水がより効果的です。(カルシウムは脂肪キラーを言われ、脂肪燃焼を促進する効果があります。)バナジウム成分以外にもカルシウムが豊富なお水がベストです。

起床後、食事前、入浴の前後ほか、のどが渇く前にコップ1ッ杯ずつ

10℃程度の冷えたお水を飲むことで、体のエネルギー消費量が増します。


*がん予防を期待した水の飲み方

がん予防には免疫力が高めることが大切です。免疫力を高めるには、腸を元気するカルシウムとマグネシウムが豊富に含んだpH8以上のアルカリ性のお水が効果的です。

起床後、朝、昼、夕方、寝る前にコップ1杯ずつ


タイプ別天然バナジウム水の選び方


天然バナジウム水も色々あります。


バナジウムの含有量も気になるけど、コストも気になりますよね


1.バナジウムの含有量で選ぶ

            

バナジウムの含有量にこだわるなら
「フレシャス」

バナジウム含有量が
180μg/Lと1番多いですね。

コスト的にも500mlペットボトル換算で
83円です。

ウォーターサーバーの使用料は無料なので、かかるのはお水代だけです。

【フレシャス】朝霧高原の天然水

            

2.ペットボトルでバナジウム含有量が多い

            

ペットボトルでバナジウム含有量が1番多いのは
「カラダこころ水」

定期購入してもいつでも解約できるので、気軽に始められますね。

カラダこころ水

            

3.コスト選ぶ

            

ペットボトル、ウォーターサーバーで比較しても
1番コストが安いのは「朝霧のしずく」

500mlペットボトル換算で
69円(送料は計算にいれていません)

定期購入をすればさらにお安くなります。

朝霧のしずく

            


4.非加熱のお水にこだわる

            

お水はやっぱり非加熱とこだわる方には
「プレミアムウォーター」

非加熱のお水はこそが本物のナチュラルミネラルウォーターです。

プレミアムウォーター