日本の水道水の塩素量は世界一


今、健康ブームで飲み水にこだわる人が増えてきましたが、まだまだ「お水にお金をかけるなんてもったいない」とお考えの方も多いようです。

しかし、水道水には殺菌を目的として、塩素が入っています。それも、日本の水道水は世界水準と比べると、塩素量が極端に多いのです。

WHOは「水道水中の大腸菌群の混入は100回検査して5回以内なら合格」しているのに対して、日本では「検出さらないこと」とされています。これは大腸菌がゼロでなくてはならないこということです。

そのため日本の水道水には大量の塩素が注入されているのです。

塩素の入っている水道水は、健康にいい水といえるでしょうか?それとも危険な水でしょうか?

そこで、水道水の危険性についてまとめてみました。


塩素の危険性


水道水の塩素量が多くなると、なぜよくないのでしょうか?

水道水がもっとも問題視されるのは、腸に共生する細菌類の減少を招くことです。

腸は人体最大の免疫器官です。腸を健康に保つことは、健康長寿をまっとうするためには重要なポイントです。

私達の腸には2万種、1000兆個もの腸内細菌が棲みつき、免疫機能の働きを助けています。

私達の免疫機能は、この細菌叢(腸内フローラ)によって活性化されています。多種多様な菌群による腸内フローラが腸管全体に広がっている状態ほど、免疫力は高まるのです。

ところが、水道水に含有される塩素は、強力な殺菌力を発揮し、この腸内フローラを荒らしてしまいます。

日本人は水道水に混入する大腸菌におびえるあまり、世界で類のないほどの大量の塩素を水道水に注入しています。

大腸菌も私達の腸内に棲む、腸内フローラを形成する大事な一員です。腸に入り込んだ有害な病原菌の排除や、食物繊維の分解、ビタミン類の合成、大便の形成など、大腸菌は重大な働きを担ってくれています。

もともと腸に棲んでいる大腸菌をいくつか飲み込んだとしても、健康になの問題もありません。免疫力が弱っている人や腸内フローラが貧弱な人は、軽い下痢くらいはするかもしれませんが、その程度のことです。「水の中に1個でもいたら大変だ!」と怖がるほどの毒性はないのです。

大量の塩素が注入している水道水は、強力な殺菌力を発揮し、その腸内フローラを壊し、免疫力を弱め、健康を損なう結果を招いてしまいます。


沸騰直後の水道水の危険性


水道水は塩素などの薬品で消毒して大腸菌がゼロの安心な水ですが、体にはいい水とは言えません。消毒の過程で発がん性物質のトリハロメタンが生成されます。

トリハロメタンは沸騰すると揮発します。ならば、「水道水を沸騰させて湯冷ましすれば安全」と思っている人は多いと思いますが、実はこれはもっとも危険な方法です。

水道水にはトリハロメタン以外にも発がん性の物質が含まれており、なかには煮沸によって増量するものがあるからです。また、水道水に含まれる有機塩素化合物の半分以上は、未解明の物質であるといわれています。

トリハロメタンの場合も、沸騰して5分程度すると水中濃度が一時的に高まります。つまり、沸騰直後の水道水がもっとも危ないのです。トリハロメタンを除去するのには、10分以上の沸騰が必要とされています。

赤ちゃんのミルクを作る為に湯冷ましをした記憶がありますが、これは危険なお水だったことに今頃気づいてぞっとしてしまいました。


プレミアムウォーター


「日本は世界一の長寿国」の落とし穴


日本は世界一の長寿国ですね。

しかし、日本人の健康寿命は短いのです。

健康寿命をWHO(世界保健機関)では、平均寿命から要介護期間になった期間を差し引いた年齢を「健康寿命」として提唱しています。

寝たきりや、痴呆症などになって長生きしても楽しくないですね。

やはり、健康で長生きしてこそ楽しい人生だと言えるのではないでしょうか。

では、どうしたら健康で長生きできるのでしょうか?

その方法をして重要なのが、「飲み水を大切にする」ということです。



飲み水にこだわることこそ健康長寿の秘訣


日本では水道の蛇口をひねれば止まることなく水があふれ出ます。

お水にこだわる人が増えてきましたが、水道水の危険性に気づいていない人も多いと思います。

健康を考えた時、多くの人はまず食事を改めます。しかし、今飲んでいるお水が、体によくないお水だとしたら効果は半減してしまいます。

反対に、体にいいお水を飲んでいれば、体はよみがえり、生き生きとしてきます。

体にいいお水を飲むことで予防できる病気は、脳梗塞、心筋梗塞、がん、糖尿病、肥満などの生活習慣病から、うつ病に至るまで、たくさんあります。


天然水の効果・体験談


私の同居している85歳の義理の父は、3年前心臓弁膜症で入院しました。高齢で手術が困難の為、直接の解決にはならないが、ペースメーカーを胸に埋め込むことにしました。

なんとか退院することができましたが、体力的に大変弱くなって、いつ死んでもおかしくない状態でした。その時ご縁があり、九州地方の天然水が体にいいと勧められ、飲むようになりました。

飲み続けて3年。ふと気づくと、あんなに死にそうなぐらい体力的に弱っていた義父が、別人のように元気になりました。

天然水を飲んで変化があったことをまとめてみました。

*はげた頭に黒い髪が生えてきました

*便秘が治った

*薬の関係で内出血をし、あざだらけだったが、あざができなくなった

*緑内障の目薬が必要でなくなった

*元気で前向きになりました

*3年目にして、めでたく介護認定が外れました

義父は3年間九州地方の天然水を飲むだけで、病気だったことが信じられないほど元気になりました。

我が家では、還元水素水の生成器、オゾン水生成器があり、水道水は浄水器を付けています。

天然水を飲んでから、義父いわく「天然水以外の水は美味しくなく、飲めなくなった」とのこと。

改めて天然水の威力を実感している今日この頃です。


ではどうしたらいいでしょう


水道水をそのまま飲むのは今日からやめましょう。


お料理を作ったり、お茶を飲むときは、10分以上水道水を沸騰させましょう。


水道水の危険性に気づいて、もう水道水はいやだという人は、ウォーターサーバーを検討してはいかがでしょうか。


家族の人数にもよりますが、1ヵ月4,5千円ですむのなら、高価なサプリを買うよりは安いですね。


ウォーターサーバーも色々あります。


ペットボトルではあまりない非加熱の美味しいお水が飲める
「プレミアムウォータ」ーがおすすめです。


プレミアムウォーターは2種類のお水を選べます。


血糖値や生活習慣病が気になる方はバナジウムが多い「富士吉田の水」、美肌を期待するのなら、シリカ成分が入っている「南阿蘇の水」。


プレミアムウオーターのお水は「非加熱」「天然水」「ミネラルたっぷり」です。


どうせ選ぶなら、本物のお水を選びたいですね。


プレミアムウォーター